就活の面接対策について

就職活動の中で一番不安に思っていることは、面接という人も少なくないでしょう。実際に面接の場に行ってみなければ、面接でどんなことを質問されるかがわからないことが、不安に思うことの一つです。ペーパー試験のように、問題を見てからどう答えるかを検討する時間がないことか、面接を受ける時には気がかりな点です。

面接試験での出来不出来は、内定を勝ち取れるかどうかの大きな分岐点であることは間違いありません。入室の仕方や動作、会話の内容、自己PRや志望動機など、就職活動時における面接の対策はいろいろとあります。面接を受ける前には、対策のことばかり考えて、重視すべき事柄を失念してしまうような人もいるようです。

面接のことを一番よくわかっているのは、当然ながら数多くの面接をこなしている企業の人事担当者です。事前に面接対策をしっかりしてきたつもりでも、書籍やネットからの受け売り回答では、見抜かれてしまいます。どこの誰でも言いそうな、無難な回答に終始する人は、面接で低評価にもなりませんが、高評価になる見込みもありません。

同じような事が繰り返されることに辟易している人事担当者は、見せかけの内容には注目していません。人事担当者が採用したいと考えるのは、中身がある人材かどうかです。テンプレートの答えを用意しておくのではなく、面接対策では、自分の考えをきちんと述べられるようにしておくことが大事です。